初期費用がお得になる賃貸|住まいによって人生は変化する~後悔しない賃貸物件選び~
見取り図

住まいによって人生は変化する~後悔しない賃貸物件選び~

初期費用がお得になる賃貸

集合住宅

引越しはお金がかかるもの

アパートや賃貸マンション等に入居する際、初期費用というものが発生します。その内訳は地域によって若干異なりますが、一般的なところでは敷金・礼金・前家賃等で、これらは家主に対して支払うものです。そしてその他に、不動産仲介業者に対して仲介手数料を支払います。仲介手数料については法令による定めがあり、その額は家主が支払う分と入居者が支払う分との合計が家賃の1か月分を超えないこととするとされています。ただし負担割合は自由に決めてよいことになっています。現在、入居者が支払う仲介手数料の標準的な相場は家賃の1か月分です。つまり法令の上限額を半ば自動的に入居者が全額負担しているわけです。しかし中にはこれにしたがわないケースもあり、たとえば仲介手数料無料といった物件も存在します。

最大家賃の1か月分を節約

先にも述べた通り、仲介手数料の負担割合は上限さえ超えなければ自由に決められます。そして当然ながら、入居契約の成立は入居者だけでなく家主にも利益をもたらします。つまり仲介手数料無料物件とは、家主が入居者を集めやすくするために自ら仲介手数料を全額負担している物件なのです。手数料を支払っても、家賃収入が入ってくれば長期的にはプラスになるという経営判断がそこには働いています。こうした背景はともあれ、入居者にとっては仲介手数料無料は非常にありがたいサービスとなります。浮いたお金を引っ越し費用に回したり、家具の購入費に充てたりすることができるとあって、人気も上々です。最近では仲介手数料無料物件を専門に扱う仲介業者も増えてきています。